東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

TORAチーノいかが 特製カプチーノ 改装オープンの寅さん記念館

寅さん記念館に新設されたカフェでくつろぐ(右手前から)山田洋次監督、浅丘ルリ子さん、葛飾区の青木克徳区長=葛飾区柴又で

写真

 13日にリニューアルオープンした葛飾柴又寅さん記念館(葛飾区)では初日、改装の目玉となる初の飲食スペース「TORA san cafe」で、寅さんのイラストが描かれた特製カプチーノ=写真=がお目見えした。 

  (加藤健太)

◆山田監督、「リリー」の浅丘ルリ子さんも一服

 映画「男はつらいよ」の世界を多彩なコーナーで伝える記念館。記念式典で、名誉館長を務める山田洋次監督は、作品で描いてきた柴又の風景に触れ、「街の面影を今もとどめている。地元の人の努力に頭が下がる」とあいさつした。売れない歌手のリリー役を務めた女優浅丘ルリ子さんもゲストで登壇。十二月に公開される五十作目の試写を振り返り、「涙あり笑いありですごく感激した」と語った。

 二人は館内を内覧した後、カフェで提供するカプチーノ「TORAチーノ」を味わった。報道陣の取材に山田監督は「わざわざ見に来てもらうに足りる施設。時間をかけて準備してこられた人たちの努力と愛情がにおってくる」と答えた。

 記念式典に訪れた江東区の大学生稲友利絵さん(19)は小学生の頃からの寅さんファン。「マドンナの中で一番好きなリリーさんを見たくてアルバイトを後回しにして来た。家族の絆や下町人情の良さが描かれているところが好き」と話した。

 今回のリニューアルで、別棟にあった山田洋次ミュージアムを館内に移設。台本や撮影機材を並べ、山田監督が手掛けた作品の一部を映像で見られるスペースをつくった。

 十四日午後六時からリニューアル記念イベントがあり、第十一作「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」を上映する。定員は先着九十人程度。

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報