東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<統一地方選>5市長選に11人立候補

候補者の訴えを聴く有権者=都内で

写真

 統一地方選後半戦の区市長選、区市議選が十四日告示され、多摩地域では五市長選に十一人、十一の特別区長選には三十一人が立候補した。二十市議選もあり、定数計四八五に対し、五百九十五人が立候補。二十区議選には定数計七八五に対し、千七十八人が立候補した。 (松村裕子、山田祐一郎)

 多摩地域では、四年前には実施された国立市長選が、現職の死去で前倒しされたため、統一選から外れた。

 市長選のうち、三鷹、清瀬は保守が分裂。三鷹は現職と前副市長の一騎打ちで、清瀬は現職と自民推薦の新人、共産などが推薦する新人による三つどもえになった。

 東村山、東大和、稲城は、いずれも自民、公明推薦の現職に、共産などが推薦する新人が挑んでいる。

 区長選のうち、北区長選は五選を目指す現職と新人二人の戦い。江東と大田は、四選を目指す現職と新人二人による選挙戦。豊島は六期目を目指す現職と新人三人が立候補を届け出た。

 八期務めた現職が引退を表明した中央は、新人五人が争う構図。江戸川は新人三人による争いとなった。世田谷は、三期目を目指す現職に元区議長が挑むほか、文京、墨田、渋谷、板橋も現職と新人の一騎打ちとなった。

 十六日には、大島町長選、檜原村長選のほか、瑞穂、大島町議選、檜原、神津島、御蔵島、小笠原村議選が告示される。

 いずれも二十一日に投票が行われ、区部の一部を除いて即日開票される。

◆三鷹市長選 5選狙う現職VS前副市長

 三鷹市長選は、五選を目指す現職の清原慶子さん(67)と、前副市長の新人河村孝さん(65)の一騎打ち。それぞれJR三鷹駅南口周辺で、最大の争点となっている市役所本庁舎などの建て替えを中心に訴えた。

 清原さんは、過去の地震災害を踏まえ「災害時の市民生活を支える拠点の市役所(の耐震化)が不安なままではいけない。市が責任を持って建て替えるべきだ」と主張。費用について「豪華なものを市民は求めていない。百五十億から二百億円というのは目安にすぎない」と抑制を目指す考えを示した。

 河村さんは「市民の貴重な税金二百億円をかけて市役所を建て替える計画を止めなければいけない。年に一、二回しか行かない市役所をこれ以上大きなものにしてどうするのか」と批判。「政策の優先順位が間違っている。市役所にお金をかけるなら、停滞している駅前再開発を加速させるべきだ」と訴えた。

 四年前の前回市長選では、清原さんから後継指名され、出馬表明した河村さんが告示日直前に急病に倒れ、清原さんが代わりに立ち、四選を果たした。今回はその二人が対決する異例の展開となった。 (花井勝規)

◆清瀬市長選 保守分裂、野党三つどもえ

 清瀬市長選は、三選を目指す現職渋谷金太郎さん(67)、新人で共産、自由、社民推薦の陶芸家池田いづみさん(71)、同じく新人で自民推薦の元市副議長中村清治さん(69)が出馬。渋谷さんと中村さんの保守分裂の戦いに、野党結集を目指す池田さんが加わった三つどもえになった。

 渋谷さんは、結核患者のため尽力したフランス人神父ゆかりの病院前で「尊い歴史を忘れず、結核と戦ったまちとして世界文化遺産を目指す」と声を上げた。前回までと違い自民の推薦はなくなったが、「現場が主役の考え方は変わらない」と強調した。

 池田さんは都営住宅に近い公園で「渋谷市政で市民参画が形骸化した。このまちが好きだから黙っていてはいけない」と出馬の理由を語った。市民活動に長年携わった経験から「市民参加の市政運営を目指す。生活者の目線で税金の使い方を見直したい」と訴えた。

 中村さんは事務所前で「市長の立場を忘れた行動が数多く出てきた。我慢できない。今の市政を変えないと」と、支えてきた渋谷さんと決別した理由を説明。自民の地元衆院議員の応援も受け「清瀬の産業は農業。特産化を目指す」と力を込めた。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報