東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

レンゲの小さな花 家族連れら楽しむ 稲城で「まつり」

写真

 大丸用水れんげまつりが二十九日、稲城市の大丸地区会館ひろば周辺で開かれ、地元の家族連れや観光客がレンゲ観賞を楽しんだ。

 田植え前の田んぼ二カ所計約三千平方メートルがレンゲ畑になり、紫色の小さな花が咲き乱れる中を親子連れらが散策。花を見ながら弁当を食べた市内の伊豆倉寿子さん(72)は「一面に花が咲き、ミツバチも飛んでいて癒やされる」と話した。

 養蜂体験もあり、参加者は畑に置かれた巣箱を観察しハチミツを搾った。川崎市多摩区の香山隆さん(72)は「楽しい。自分でもハチを飼いたい」と喜んだ。

 地元自治会など実行委員会が大丸用水の流れる風景を残したいと毎春開催。田んぼが減ったため、今回初めてプランターでもレンゲを栽培した。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報