東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

新元号かたどるネックレス 葛飾のデザイナー手掛ける

令和の文字をかたどったネックレス=葛飾区で

写真

 新元号にまつわるさまざまな商品が展開される中、令和の文字のネックレスが登場した。葛飾区のジュエリーデザイナー上村彩さん(41)がオーダーメードで手掛けている。

上村彩さん

写真

 漢字の「令和」をかたどった縦八ミリ、横十八ミリのペンダントトップに、アクセントのダイヤが映える。幅広い年代に好まれるように、シンプルなデザインにした。

 元号を改めることが発表された時から構想を温めてきたという。

 上村さんは米国やイタリアで腕を磨き、帰国後、フリーのデザイナーに。現在は切子ガラスの技を取り入れた指輪にも挑戦している。

 今回の商品に「新たな気持ちで前向きに歩んでいってほしい」との願いを込めた。

 素材は金やプラチナから選べ、金額は五万二千五百円〜七万円(税抜き)。イニシャルの刻印や誕生石の埋め込みもできる。国内の工房で受注生産する。問い合わせは上村さん=電080(3429)3810=へ。 (加藤健太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報