東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

奥浅草でパワーもらおう あす、寺社巡りスタンプラリー

のぼりを手に、スタンプラリーへの参加を呼びかける杉山会長=台東区で

写真

 浅草寺の北側にある商店街「浅草北部ことぶき商店会」(台東区)は12日午前10時〜午後3時、地域の由緒ある12の神社、仏閣などを訪ねてもらうスタンプラリー「奥浅草パワースポット寺社めぐり」を開催する。(井上幸一)

 今年で三回目で、縁結びの神様として知られる今戸(いまど)神社(今戸一)、謡曲「隅田川」ゆかりの妙亀塚(みょうきづか)(橋場一)と、商店街の各店舗でスタンプ台紙を配布。仏前などにともす小さなろうそくの発祥の地とされる仰願(こうがん)寺(清川一)、戊辰戦争の際に五稜郭で敗れた榎本武揚(たけあき)が謹慎生活を送った保元(ほげん)寺(橋場一)、高さ三メートル余のおばけ地蔵(同二)などでスタンプを集める。

 訪れる順番は自由で、ゴールは石浜公園(清川一)。完歩者先着三百人に福餅をプレゼントする。

 それぞれ歴史がある各スポットの解説付きのカラフルな台紙は、毎年デザインを変更。奥浅草のマップも掲載しており、かわいいイラストをふんだんに使い、より親しみやすい体裁になったという。

 商店会の杉山敏之会長(74)は、イベントののぼりを手に「ゆっくり回っても一時間ほど。気持ちのいい新緑の季節に散策を楽しみ、奥浅草の魅力を知ってほしい」と呼びかけている。

 受け付けは午後二時半まで。石浜公園では、射的、スマートボール、焼きそば、綿菓子などの子ども縁日屋台が出店し、わんぱく太鼓や、アーティストの水野友恵さんらのステージショーが楽しめる。

 問い合わせは、イベント事務局=電03(5811)1929=へ。 

スタンプラリーに使う奥浅草のカラフルなマップ。かわいいイラストがふんだんに使われている

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報