東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

五輪向け混雑緩和本腰 知事所信表明 来月、再来月テレワークなど実施

タブレット端末を置いて、小池百合子知事の所信表明を聞く都議ら=都議会で

写真

 都議会定例会は四日開会し、小池百合子知事は本会議の所信表明で、二〇二〇年東京五輪・パラリンピックに向け「(大会一年前となる)来月、再来月は集中取組期間と位置付ける」と表明。「(在宅勤務などの)テレワークや時差出勤の実施、庁有車の利用抑制、備品納品ゼロに取り組む」として、大会中の交通混雑緩和に本腰を入れる考えを示した。

 首都高速道路については「入り口や本線料金所における流入調整を試行するほか、国などと共に料金施策を含む追加対策を検討していく」と述べ、企業に協力も呼びかけた。

 高齢の運転者による交通事故が相次いだことを受け、「緊急対策としてアクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐなど、事故防止に効果的な装置の取り付けに対する補助を新たに実施する」と表明。交通が不便な地域で高齢者の移動を支援するための実験を行うなど「広く取り組みを検討する」とした。

 柳ケ瀬裕文都議は三日、参院選比例代表に日本維新の会から出馬すると表明し、四日に辞職願を提出した。 (石原真樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報