東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

銀座線駅×下町の街並み 東京メトロ フォトコン受賞作決まる

最優秀賞「あさんぽで銀座線ご出勤に遭遇」=いずれも東京メトロ提供

写真

 東京メトロ(本社・台東区)は六日、リニューアルした銀座線の駅にちなむ写真を会員制交流サイト(SNS)のインスタグラムで募集した「下町×七駅七彩 フォトコンテスト」の受賞作二十五点を発表した。

 コンテストは初開催で、募集テーマは、浅草、田原町(たわらまち)、稲荷町、上野、上野広小路(以上台東区)、末広町、神田(以上千代田区)の下町地域の七駅構内や、周辺の街並みなど。広報部によると約千五百点の応募があった。インスタでの募集のため、受賞者名はアカウント名のみの公表という。

 社内選考の結果、最優秀賞は、地下鉄の踏切(台東区東上野四)から顔を出した車両を見つめる犬を写した「あさんぽで銀座線ご出勤に遭遇」に。優秀賞は、リニューアルで壁面の照明に開通当初の車内の予備灯を模したデザインを採用した神田駅を撮影した「東京れとろ」に決まった。

 この二点に次ぐ「下町エリア賞」三点は、浅草駅構内、下谷神社、浅草寺の仲見世と、いずれも台東区内を切り取った作品に。東京メトロ賞二十点も含め、インターネットの銀座線リニューアルサイト(「銀座線」「リニューアル」で検索)で公開している。

 下町エリア賞までの上位五点は十四日から、ポスターにして駅構内や車内に掲出する予定。問い合わせは、東京メトロお客様センター(午前九時〜午後八時)=電(0120)104106=へ。(井上幸一)

優秀賞「東京れとろ」

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報