東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

駅舎に街のイメージ反映 京王電鉄・世田谷区内7駅

 京王電鉄は笹塚駅−仙川駅(約七・二キロ)の連続立体交差事業で高架化する世田谷区内七駅の外観デザインを決定した。区が沿線住民から募ったアイデアをもとに、同社が街のイメージに沿ったデザインを策定した。

リズム感がある明大前駅

写真

 若者が多く活気ある明大前駅は、異なる素材をリズミカルに組み合わせた近代的なデザインだ。

曲線が特徴の代田橋駅

写真

 代田橋駅は玉川上水の流れや駅名の橋(アーチ)を連想させる曲線が特徴。小説家徳冨蘆花の住居があった芦花公園駅は縦格子で書架を表現している。

書架のような芦花公園駅(いずれも京王電鉄提供)

写真

 上北沢駅は桜並木を引き立てるために落ち着いた色合いと透明感のある素材を使用。桜上水駅は静かな住宅街と調和する木質調。下高井戸駅は思わず引き寄せられるような大きなひさしを設け、千歳烏山駅は粗い格子で駅と街の一体感をはかった。

 事業の完了は現在の計画では二〇二二年度末で、二十五の踏切を廃止する。 (宮崎美紀子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報