東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

バカボンや怪物くんが仲間入り 西武池袋線椎名町駅 トキワ荘ゆかりのモニュメント

西武池袋線椎名町駅に設置されたモニュメント。左から「天才バカボン」「サイボーグ009」「怪物くん」(豊島区提供)

写真

 豊島区は西武池袋線椎名町駅に、トキワ荘ゆかりのマンガ家のモニュメントを新たに3基設置した。

 トキワ荘は同区南長崎(当時の住所は椎名町)にあった、手塚治虫さん、石ノ森章太郎さんらが暮らした伝説の木造アパート(1982年解体)。区は3年前から手塚さん作「ジャングル大帝」の像などを区内各所に設置し、「マンガの聖地」をアピールしてきた。

 新たなモニュメントは3基。藤子不二雄(A)さんの「怪物くん」、石ノ森章太郎さんの「サイボーグ009」、赤塚不二夫さんの「天才バカボン」のキャラクターを描いた、それぞれ縦2.8メートル、横2メートルの巨大なイラストパネルが、同駅の南北自由通路(改札外)の壁に3枚並んで飾られた。

 これで区内のモニュメントは計8基となった。区は来年3月、同区南長崎にトキワ荘復元施設をオープンさせる。

  (宮崎美紀子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報