東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

お台場海浜公園 今年も海水浴場に 来月10日から9日間

 港区は18日、都立お台場海浜公園で8月10日から9日間、海水浴場「お台場プラージュ」を開くと発表した。都の条例で遊泳禁止とされている場所だが、「泳げる海、お台場」の実現を目指して区が水質改善などに取り組み2014年から期間限定で開催。昨年からは同じく「泳げるセーヌ」を掲げるパリ市と連携し、パラソルやオブジェを設置してパリの雰囲気を再現している。

 午前11時〜午後5時。シャワーや更衣室を設置し、浮輪や休憩用テントなどを無料で利用できる。車いす利用者向けの更衣室や浮輪付きのビーチ用車いすの貸し出しもある。

 区によると、お台場の海は普段、環境省の海水浴場基準をクリアしているが、大雨で下水施設の処理能力を超すと汚水が簡易処理で放出され、基準を上回る可能性がある。期間中は大腸菌の流入を防ぐ「水中スクリーン」が設置される。区は「将来的に夏の間は海水浴場として開放できるよう努力したい」としている。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報