東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「プラレール駅」開業 葛飾・京成立石駅構内 区内商店街とイベントも

京成立石駅に設置されたフォトスポット「けいせいたていしプラレール駅」=葛飾区で(いずれも京成電鉄提供)

写真

 京成電鉄(本社・千葉県市川市)、玩具メーカーのタカラトミー(同・葛飾区)、葛飾区は、京成電鉄創立110周年、タカラトミーの「プラレール」誕生60周年を記念して、区内の京成立石駅にプラレールの世界観を表現した。8月までの夏休み期間中、区内の商店街と連携したスタンプラリーなど特別企画を展開している。

 京成立石駅は、タカラトミー本社の最寄り駅。今月中旬、駅の改札外に、プラレールのデザインを取り入れたフォトスポットの「けいせいたていし プラレール駅」を設けた。また、駅の列車接近メロディーは、プラレールの公式ソングに、構内アナウンスの一部はプラレールのキャラクター「てっちゃん」の声に変更。こうした試みは、1年ほど継続する予定という。

 スタンプラリーは、区内の2駅(京成立石、京成高砂)を含む京成線の5駅と、区内の8地域の商店街とが連携して8月31日まで実施している。駅のスタンプを集めて商店街で買い物をすると、オリジナルの記念カードなどをプレゼント。さらに抽選でプラレールなどが当たる。

 このほか、プラレールの青いレールを実寸大で再現した記念乗車券も発売(750円、限定2000部)。8月25日にはプラレールで遊べるイベントを京成立石駅周辺で催す。

 京成電鉄の広報担当者は「鉄道という共通のテーマで幅広い世代の人が一緒に楽しみ、区の魅力にも触れてほしい」と話している。

 問い合わせは、京成お客様ダイヤル=電0570(081)160=へ。 (井上幸一)

プラレールのレールをモチーフにした記念乗車券

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報