東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<参院選>自民・武見敬三さん 「活力ある長寿社会を」

当選し、花束を高く掲げる武見敬三さん=千代田区で

写真

 武見敬三さんは二十二日午前零時半ごろ、当選確実の一報を受けて、支持者が待つ都医師会館(千代田区)の会場に入った。

 武見さんは「活力ある健康長寿社会をしっかりとこの国に実現させていく仕事をこの六年間で、できる限り実現させたい」とあいさつ。厳しい戦いを勝ち抜き、五期目の議席を得たことに安堵(あんど)の笑顔を見せた。

 一三年参院選は最下位当選。今回は定数が一増えたものの陣営の危機感は強く、安倍晋三首相や河野太郎外相ら現職閣僚が相次いで応援に入った。街頭などでは、少子高齢化への対策として「活力ある健康長寿社会」の重要性を強調。「高齢者や女性がもっと活躍できる社会を実現する」と訴えた。

 支持者らを集めた屋内での個人演説会も各地で開催。医師や歯科医師などの関連団体による組織票を軸に、支持拡大を図った。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報