東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

体験しよう 体動かす楽しさ 丸の内でフェス ラグビーW杯向け催しも

桐生祥秀選手と並んで走れる?100センチダッシュの体験コーナー=千代田区で

写真

 「MARUNOUCHI SPORTS FES 2019」が一日、千代田区の丸の内仲通りなどで始まった。通り沿いの丸ビルには、九月二十日に開幕する日本初開催のラグビーワールドカップ(W杯)に向け、映像やアート作品に触れられる「丸の内ラグビーパーク」も出現。三日夜には大阪・花園ラグビー場で行われる日本対トンガのテストマッチのパブリックビューイングも開く。

 丸の内周辺で働く人や来訪者の健康意識を高めようと、三菱地所が毎年夏に開く催しで四回目。一日のオープニングセレモニーには鈴木大地スポーツ庁長官や元新体操の畠山愛理さんらが登場した。鈴木長官は「フェスでスポーツの良さを感じ、広く伝えて」とあいさつした。

 ばりばりのスポーツマンでなくても、体を動かす楽しさを感じられるように工夫。陸上の桐生祥秀選手が走っている写真と並んでチャレンジする「100センチダッシュ」や、自転車をこいでスピードを測る「バイクペダリング」などの体験型コーナーもある。

 開幕まで二カ月を切ったラグビーW杯にちなみ、ラグビー運動会と銘打って企業対抗の玉入れ(五日)や100センチ走(五、六日)を実施。十二日は「丸の内パラスポーツの日」として、車いすに乗ってバスケットやラグビーを体験できる。

 十五日まで。問い合わせは丸の内コールセンター=電03(5218)5100=へ。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報