東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<夏の甲子園>国学院久我山・中沢主将「攻める野球をする」 関東一・渋谷主将「雰囲気に慣れたい」

対戦が決まり、健闘を誓い合う前橋育英・丸山大河主将(左)と国学院久我山・中沢直之主将

写真

 六日に甲子園球場で開幕する全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が三日、大阪市内であった。国学院久我山(西東京)は大会3日目の第3試合で前橋育英(群馬)と、関東一(東東京)は5日目の第1試合で日本文理(新潟)と対戦する。

 国学院久我山の尾崎直輝監督は「持ち味の粘り強い試合をしたい」と抱負を語り、中沢直之主将は「挑戦者の気持ちで攻める野球をする」と誓った。サッカー強豪校同士の対決としても注目を集めそうだ。

 関東一の米沢貴光監督は「初戦まで少し時間があって良かった」と、経験豊富な指揮官らしく落ち着いた様子で語った。渋谷嘉人主将は「緊張しているので早くこの雰囲気に慣れたい」と話した。(加藤健太)

対戦が決まり、握手をする日本文理・長坂陽主将(左)と関東一・渋谷嘉人主将

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報