東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

病気の子に寄り添う 都内初、病院に「ファシリティドッグ」 

病室で子どもを癒やすアイビー=府中市で(シャイン・オン・キッズ提供)

写真

 都立小児総合医療センター(府中市)で今月から、入院中の小児がんの子どもたちに寄り添い、不安を和らげる犬「ファシリティドッグ」が活動を始めた。都内の病院に導入されるのは初めてで、病室で添い寝をしたり、手術室の入り口まで付き添ったり。治療の痛さが紛れるなど、早くも癒やしなどの効果が出ているという。

 ファシリティドッグは米国で普及が進んでいる。小児総合医療センターに導入されたのも、米国で幼少期から特別な訓練を受けたラブラドルレトリバーの雌アイビー(二歳)。ハンドラーと呼ばれる専門の看護師大橋真友子さん(41)とペアになり、平日に三時間活動している。

 アイビーと大橋さんを派遣したのは国内で唯一、ファシリティドッグの活用に取り組むNPO法人シャイン・オン・キッズ(中央区)。センターと協定を結んでおり、費用は寄付で賄われ、都の負担はない。

 導入を受け、小池百合子都知事は五日、センターを視察。病室でアイビーの活動を確かめ、入院している子どもに感想を尋ねると、「一緒にいて楽しい」と答えていた。センターの病床数は約五百六十あるが、アイビーが対応しているのは一病棟の二十七人にとどまっており、知事は「患者にとって大きな癒やしや希望につながっている。アイビーを見て何が必要か考えていきたい」と話した。

 国内でファシリティドッグを導入したのは二〇一〇年の静岡県立こども病院、一二年の神奈川県立こども医療センターに続いて三例目。 (松村裕子)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報