東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

ヒマワリ 今年は小ぶり 瑞穂、天候不順で生育不良

うつむき加減で花も小ぶりなヒマワリ=瑞穂町箱根ケ崎で

写真

 瑞穂町が同町箱根ケ崎で育てているヒマワリ畑が、梅雨の天候不順の影響を受けて生育不良になっている。昨年は黄色いじゅうたんが一面に広がったが、今年は背が低く、花も小ぶりでうつむき加減。低い気温が続いたのが原因とみられ、元気のない姿に町職員は「近くを通るJR八高線の乗客に大輪の花を楽しんでほしかった」と残念がっている。

 景観整備事業の一環で、二年前から農家や福祉施設利用者らと協力し、耕作放棄地を活用して栽培。今年は五月下旬、約五百平方メートルの畑に三万粒の種をまいた。しかし、生育の悪いものを刈り取るなどした結果、一万本弱しか育たなかったという。

 昨年は二メートルを超えた高さは一・五メートルほど。町職員は「来年は期待したい」と話した。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報