東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<東京人>私鉄がつくったまち 京王線 国立延伸幻に

国立分譲地区画図のチラシ(部分/大正15年)。国立駅から南に延びる現大学通りには、京王電気軌道の電車予定線が記されている(出典・「国立に誕生した大学町−箱根土地(株)中島陟資料集−」 発行・株式会社サトウ)

写真

 中央線国立(くにたち)駅から一直線に南へ延びる広々とした大学通り。この道を京王線電車が走るはずでした。一九二七(昭和二)年、府中と国立を結ぶ路線として、京王電気軌道(京王電鉄の前身)に免許も交付されていました。昭和初期、国内不況が長く続かなかったら、たぶん実現したことでしょう。

 後に西武グループをつくり上げる堤康次郎は二〇(大正九)年に箱根土地株式会社を設立します。同社は、目白文化村、大泉学園都市、小平学園都市を開発していきます。大学を核とした学園都市の集大成として、堤が取り組んだのが、国立大学町の開発でした。

 九十五年ほど前(大正時代末)まで、現在の国立駅付近は、まだ駅もなく民家もほとんどない一面の雑木林。同社はその約百万坪を買収し、関東大震災後郊外へ移転を決めていた東京商科大学(現一橋大学)と共同でまちづくりに取り組みます。

 箱根土地は国立駅を建設して鉄道省に寄付。開発する敷地中央に同大学(約七万五千坪)を配置し、駅から放射状に延びる道も整備して、一般向けに分譲販売していきます。

 箱根土地は国立駅から北側、国立−村山貯水池(付近)−萩山−国分寺−国立といった北多摩地域の環状鉄道も計画。このほか、渋谷起点−国立終点の鉄道を申請した社もありました。

 不況の中、分譲は苦しい状況で、鉄道計画もすべて着工されずに終わりました。とはいえ、現在緑豊かな国立駅南口に降り立つと、当時の学園都市づくりの情熱が伝わってきます。 (内田宗治)

   ◇

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、9月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報