東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<全日本学童野球>都勢2チーム初戦敗退

 高円宮賜杯第39回全日本学童軟式野球大会マクドナルド・トーナメント(東京新聞など主催)は十九日、都第2代表のコンバッツ(中野)と、開催地出場の山野レッドイーグルス(世田谷)が1回戦に挑んだが、初戦突破はならなかった。 (竹下陽二、松尾博史)

◆コンバッツ 自慢の打線が不発

初戦突破がかなわなかったコンバッツ=府中市で

写真

 コンバッツは府中市民球場(府中市)で、大崎ジュニアドラゴン(宮城)と対戦。自慢の打線が不発。わずか1安打の完封負けを喫した。

 四回に立て続けに守りのミスが出て、3失点。これが、ズシリと響いた。コンバッツは今大会前までに公式戦12連勝。打ちまくって快進撃を続けてきたが、この日は一転して、大崎の先発投手の丁寧な投球の前に沈黙。六回までノーヒット。七回、2番手の投手から五十嵐悠選手が内野安打を放ったが、打ったヒットはこの1本のみ。

 鈴木聡監督は「完敗です。夢舞台は、本当に夢のようにあっという間に終わってしまいました。打って勝ってきたチームだけに、ここまで打てないと。出直しです」と脱帽だった。

◆山野レッド 最終回の粘り及ばず

力投した山野レッドイーグルスの津島悠翔投手=稲城市で

写真

 山野レッドイーグルスは、稲城中央公園野球場(稲城市)で、東風平星(こちんだほし)(沖縄)と対戦し、3−7で敗れた。

 守備の乱れなどが重なり、リードを許す苦しい展開になった。最終回に無死満塁から四球による押し出しや相手の敵失で3点を返し、粘りを見せたが、後続が断たれた。

 釜屋邦明監督は「全国大会のプレッシャーがあったのか、ミスが出て、打線の中心となる打者が打てなかった」と残念がった。堀田大翔(はると)主将(6年)も「チャンスで打てず、ミスをして、リズムが悪くなった」と悔しさをにじませた。先発した津島悠翔(はると)投手(同)は「甘い球を投げて走者を出したけれど、内野手のみんなが声をかけてくれました」と仲間に感謝した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報