東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 8月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

立川市長選告示来月1日投開票 現市政評価争点 舌戦火ぶた

 任期満了による立川市長選は二十五日告示された。いずれも無所属で新人の元都議酒井大史さん(51)=立民、国民、共産、社民、生活者ネット支持=と、四選を目指す現職の清水庄平さん(74)=自民、公明推薦=が立候補し、三期十二年の清水市政の評価などを争点に舌戦が始まった。

 投票は九月一日、市内二十六カ所で行われ、午後九時から市柴崎市民体育館で即日開票される。二十四日現在の選挙人名簿登録者数は十五万三千九百十二人。 (竹谷直子)

   ◇

(届け出順)

◆酒井大史さん(51) 集う街から住まう街へ変える

 酒井さんは正午から、支持を受ける立憲民主の国会議員、国民民主や共産の市議らとともに、立川市錦町の選挙事務所で出陣式。「安心して暮らせると思ってもらえるような、集う街から住まう街へと立川を変えていく」と訴えた。

 「市民の声に寄り添わない現市政に憤りを感じている。声なき声にしっかりと耳を傾けて市政を運営したい」と主張。具体策として不妊治療への上乗せ補助や、幼保無償化に合わせた給食費無償化を挙げた。

 小学校給食の単独調理方式の継続も掲げており「子どもたちの食育に寄り添っていきたい」と強調。学校給食共同調理場への集約を目指す現市政を「一時の人件費削減に目がくらんでいる」と批判した。

<略歴> 行政書士(元)都議・市議▽中大院 無新 立国共社ネ

<公約> 小学校(1小〜8小)給食単独調理校の継続と中学校給食共同調理場の早期完成。高齢者の移動手段を確保(くるりんバス活用の再検討)

◆清水庄平さん(74) 行財政改革 必死にやってきた

 清水さんは午後五時から、JR立川駅北口で第一声。自民、公明の国会議員や市議、近隣の市長らが応援に駆けつけた中、自らの実績として掲げる三期十二年の行財政改革に触れ「必死にやってきた。約二百五十人の職員を減らした」と強調した。

 四選に向け「一つの行政サービスを転換するのに二十年、三十年はかかる。一番難しいのは、超高齢化社会への対応だ」と指摘。高齢者を支援する地域包括支援センターの充実に取り組む考えを示し「身近なところで相談してもらい、最善の方法で手当てをさせていただきたい」と訴えた。

 十月からの幼保無償化に伴い、市が独自に上乗せして利用者を支援する政策もアピールした。

<略歴> 市長・都市長会会長(元)市収入役・市議▽日大 無現<3> 自公

<公約> 保育園、学童保育所の待機児童解消/新学校給食共同調理場の早期建設/自治会との連携/都市基盤の充実/地域包括支援センターのさらなる充実

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報