東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<論戦 都議会>知事所信表明 「都独自にデジタル通貨」

写真

 都議会定例会は三日開会し、小池百合子知事は本会議の所信表明で、来年三月までに都内二カ所で、「民間の決済サービスで利用できる都独自のデジタル通貨を発行する」実証実験を行うことを明らかにした。数年後に、都内全域で発行できるようにする方針。

 計画では、環境保護や貧困撲滅などの社会貢献活動をした人に、デジタル通貨をポイントや電子マネーなどの形で付与する。都は対象となる活動として、通勤ラッシュの緩和につながる時差出勤や小売店へのマイバッグ持参などを例示した。今後、民間事業者から提案を受けて決定する。

 スマートフォンのアプリや専用カードなどを使い、実際の店舗の支払いに使ってもらうことを想定する。デジタル通貨の発行で、キャッシュレス決済の普及と、国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)の促進を図る。通貨の名称は未定。システム構築やポイントなどの付与に、計一億円の費用を見込んでいる。

 また、小池知事はタクシーやレンタルサイクルなど複数の交通手段を一括で手配できるシステムの構築に向けた実証実験も年内に行うことを明かした。所信表明では、「将来的には待ち時間のない、高齢者が安全に外出できる東京発の次世代移動サービスを創出したい」と述べた。 (岡本太)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報