東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

被災高齢者宅など掃除 台風19号で田園調布 ボランティアら支援

被災ごみを片付けるボランティアたち=大田区田園調布で

写真

 台風19号で三百五十四棟が浸水した大田区田園調布で二十日、地元の小学生から中高年までのボランティアや区職員ら約七十人が、高齢者の住宅などで片付けを行った。泥水をかぶった家財道具の運び出し、掃除の手伝いを求める声が高齢者を中心に約七十件、区に寄せられていた。

 田園調布五の主婦(74)宅では、世田谷区のボランティア五人が作業した。介護が必要な夫は被災後に入院した。泥水をかぶった一階の食器棚やタンスは一人で運び出せなかった。主婦は「涙が出るくらいうれしい。やっと食事できる場所ができた」と笑顔を見せた。

 武道場の指導員、青木久さん(41)はこの日、三軒の住宅で畳や家財道具の運び出しや道路の掃除などを行った。「被災して苦しんでいる人を助けるのも、武道の一環。できることをやらせてもらった」と話した。 (市川千晴)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報