東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

いつ来てもOK、ママさんブラス 町田でゆるーく活動10年目

子ども連れで練習するメンバーと鈴木代表(右)=町田市で

写真

 日本一ゆるいママさんブラスバンドを自称する町田市の「みどりの森保育園ママさんブラス」は十一月、活動十年目に入る。来る者は拒まず、去る者は追わず、子連れOKで練習の出欠、入退出は自由。会費もゼロだ。設立者で代表を務めるみどりの森保育園(能ケ谷)の園長、鈴木雅人さん(55)は「楽しく長く続けたい」と話す。 (松村裕子)

 十月半ばの練習日、市内の公民館に集まったメンバーは四人。鈴木代表は本来サックス担当だが、演奏者不在のクラリネットやフルートにも持ち替え、「星に願いを」「学園天国」などを奏でた。「まずいところがある」「こんなもんでは」と意見を交わす横で、子どもたちが走り回っていた。

 発足は、保育園が開園して半年後の二〇一〇年十一月。「子育てで演奏から離れていた母親たちに活動の場を」と、全国的にも珍しい保育園主体のママさんバンドを作った。

 バンドの存在は口コミで広がり、現在は子育て中の市内の母親を中心に、独身女性、年配の男性ら総勢約三十人。レパートリーは徐々に増え、ミッキーマウスマーチやアニメ「となりのトトロ」のテーマなど約五十曲。週一回ほど練習し、月一回ほど市内の保育園や幼稚園、高齢者施設、イベントで演奏を披露する。

 保育園の送迎で練習を途中で抜けたり、乳児をおんぶしたまま演奏するメンバーも。練習中に授乳する姿もある。発足直後から参加する市内の草薙美也子さん(42)は、園児から大学生まで三人の子育てとパート勤務をこなしながら練習に励む。「みんなで合奏するのが楽しい。いつ来ても受け入れてもらえるので続けやすい」と語る。

 「規則が厳しく、妊娠したら続けられないというのではママさんブラスらしくない」と鈴木代表。楽譜の準備や練習会場の手配、おもちゃの用意や楽器の貸し出しまで一手に担う。負担はあるが「演奏仲間がいて、聞いてくれる人がいる」と自らも楽しんでいる。

 一般向けには十一月十六日、午前に鶴川団地商店街、午後に町田シバヒロで演奏する。問い合わせは保育園=電042(708)8161=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報