東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

雷門−自由が丘ウオーク 3商店街タッグ、来月4・23日参加者募集

浅草寺の雷門=台東区で

写真

 来年の東京五輪・パラリンピックの機運を盛り上げようと、下町の浅草(台東区)と、山の手の自由が丘(目黒区)の三つの商店街が連携し、「光でつなぐスポーツの輪」と称したイベントを十一月四日、二十三日に開催する。 (井上幸一)

 手を組むのは、雷門一之宮商店会、雷門東部商店会と、自由が丘商店街振興組合。これまでも、和、洋のスイーツを販売し合うイベントなどを一緒に行ってきた。十一月四日には、自由が丘駅前ロータリーで、ストリートラグビー体験、ミニテニス、かけっこなどのイベントを展開。同二十三日には、雷門前の並木通りなどで同様の催しを行う。

 目玉企画は、日本ウオーキング協会、日本ランニング協会のインストラクターの指導の下、二つの地区の間を集団で歩く「20kmスポーツウオーク」。雷門から自由が丘は十一月四日、自由が丘から雷門は同二十三日に行う。いずれも午前九時半出発で、日本橋、銀座、田町、目黒など東京の名所を巡り、午後四時半ごろ到着予定。完歩者には、自由が丘のハチミツをプレゼントする。

 参加無料、弁当、お茶付き。高校生以上が対象で、それぞれ四十人を募集中(先着順)。締め切りは、四日のウオークが十月三十一日、二十三日が十一月二十日。申し込みは、イベント事務局=電03(6802)8991=への電話か、イベントのホームページから。

自由が丘駅前に立つ、街のシンボルの自由の女神像=目黒区で

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報