東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

水門開閉「是非」 狛江市の浸水 住民説明会、焦点に

狛江市が管理する猪方排水樋管の水門=狛江市駒井町で

写真

 台風19号の上陸から間もなく一カ月となる九日、狛江市は初の住民説明会を和泉小など市内二カ所で開く。市が管理する二カ所の排水路の水門を開けたままにしたため、水位を増した多摩川の水が逆流して被害が拡大した可能性があり、浸水被害を受けた住民らが市に説明を求めていた。水門の開閉の是非や逆流した水量の分析が焦点になりそうだ。 (花井勝規)

 水門は、狛江市元和泉の「六郷排水樋管(ひかん)」と同市駒井町の「猪方排水樋管」。

 両水門付近の住宅地では、大量の雨水に多摩川から逆流した水が加わり、浸水地域が広がった。市内で床下、床上合わせて約二百九十軒、調布市染地地区で約百八十軒が浸水した。

写真

 説明会で狛江市は、当時の対応状況を報告する。これまでの市の説明によると、猪方管では、十月十二日午後七時三十分、水門を開けたまま現場で監視していた市職員や消防団員は安全のため退避した。約五時間後の翌十三日午前零時三十分、水門を閉門、消防ポンプで排水を始めた。

 六郷管では十二日午後四時から、市職員と消防団員らが水門を開けたまま多摩川への排水作業を開始。同六時に水門を一度閉めて排水作業を試みたが、二十分後に再び開門。午後七時三十分、職員らは水門は開けたまま避難のため退去した。午後十一時に水門を閉め、排水を始めた。

 多摩川の水位が高い状況で水門を開けたまま退避した理由について、市は「水門を閉じると排水路があふれる恐れがあった。あの時点では多摩川からの逆流は確認できず、水門を開けたままにした判断は正しかった」(下水道課)と主張。根拠として、仮に水門を閉めた場合、総雨量などから計算すると、六郷管では約十三万三千立方メートル(二十五メートルプール約三百八十杯相当)の水があふれたと想定される、とした。

 ただ、水門を開けたままにする判断を疑問視する声が住民には多い。隣接する世田谷区は、国土交通省と都下水道局から管理を委託されている二つの排水樋管の水門を十二日の午後七時台に閉めた。「水門を閉めなければ多摩川からの逆流で二、三倍の量の水が流れ込んでしまう」(土木部)との判断からで、狛江市とは逆だ。水門を閉めたことで排水路の水があふれ、周辺に浸水被害は出たが、担当者は「多摩川の水が入ってきたら被害はもっと大きかっただろう」と言う。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報