東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

映画「カツベン!」公開前に生で見て あすあさって 浅草活弁祭り

 せりふや情景を語り、サイレント映画に生命を吹き込む話芸「活弁」。周防(すお)正行監督の映画「カツベン!」の公開を来月に控え、活弁士の麻生八咫(やた)さん(67)、長女で弟子の子八咫さん(34)による「浅草活弁祭り」が二十八、二十九日、台東区の浅草木馬亭(浅草二)で開かれる。

 演目が異なる五回の公演を二日間で行う。子八咫さんが初日にフランスの怪盗映画「ジゴマ」(一九一一年)を語る。八咫さんは、二日目に「坂本龍馬」(一九二八年)を弁じる。

 二十八日は午後三時、六時開演。二十九日は午前十一時、午後二時、六時。前売り二千五百円、当日三千円。購入はカンフェティ=電(0120)240540=へ。詳しいプログラムは、公式サイト「麻生八咫・子八咫本舗」で。問い合わせは、あそう活弁=電048(922)5078=へ。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報