東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

小金井市長選告示 現新4人が第一声

 任期満了に伴う小金井市長選は一日告示された。新人で前市議の森戸洋子さん(63)=共産支持=、新人で前市議の河野律子さん(51)=自民、公明、東京維新の会推薦=、再選を目指す現職の西岡真一郎さん(50)の無所属三人と、新人でNHKから国民を守る党党首の立花孝志さん(52)の計四人が立候補を届け出て、舌戦がスタートした。同日程の市議補選(被選挙数二)には元職一人、新人三人の計四人が立候補した。

 投開票は八日に行われる。一日現在の選挙人名簿登録者数は十万二千五十四人。 (花井勝規、布施谷航)

◆一人一人大切にする

森戸洋子(もりと・ようこ)さん(63)無新 共 

 森戸さんは正午、JR武蔵小金井駅前で開いた出陣式で第一声。八期、約三十年務めた市議の活動に触れ「一人一人を大切にする温かい小金井をつくる」と抱負を語った。

 市民負担の軽減のため、重点公約として国民健康保険税の引き下げを挙げた。「待機児童ゼロを目指す」とも強調し、多摩地域で悪い方から二番目の市の待機児童率の改善を訴えた。

 緑の多い国分寺崖線や野川周辺で計画されている二本の都道計画について、現職の市政では計画を止められないとの認識を示し「私が先頭に立って都道をきっぱり止めさせる決意だ」と力説した。

 出陣式には共産党の市議団や参院議員、二つの一人会派の市議らが参加した。

<経歴>小金井原水協理事長・共産党都委員(元)市議▽都立大  

<公約>福祉切り捨てをやめ、弱い立場や困難を抱えている人に寄り添うまちへ。自然や住環境を壊す道路建設から自然を守る環境のまちづくりへ

◆行政のスリム化行う

河野律子(かわの・りつこ)さん(51)無新 自公 

 河野さんは午後一時、武蔵小金井駅前で出陣式を開いた。

 第一声で、市職員時代や市議の活動で行財政改革に力を入れてきたことを強調し「行政のスリム化をしっかり行い、生じた財政効果を社会福祉、子育て支援、まちづくりに充てていきたい」と訴えた。高齢化社会を見据え「安定した社会福祉サービスを拡充したい」とも語った。知名度に勝る現職を意識して「絶対に負けられない」と支持を呼び掛けた。

 自民党都連会長の鴨下一郎衆院議員、公明党都本部代表の高木陽介衆院議員、日本維新の会の東京総支部「東京維新の会」代表の柳ケ瀬裕文参院議員が駆けつけ「市長選では初の三党相乗り」(柳ケ瀬氏)とアピールした。

<経歴>(元)市議・市子ども家庭部長・企画財政部長▽青山学院大

<公約>駅周辺の早期整備により、魅力あるまちづくりを推進します。市民生活に寄り添い、すべての人々が生き生きと暮らせる夢輝く小金井へ

◆子育て環境日本一を

西岡真一郎(にしおか・しんいちろう)さん(50)無現<1>

 西岡さんは午後二時半、武蔵小金井駅前で出陣式を開いた。再選を目指す第一声で「市の未来を築くため立ち上がった。課された使命を果たすべく全力で戦い抜く」と決意を語った。

 この四年間の実績として、市庁舎建設問題の進展や、可燃ごみ処理体制の構築、子育て環境の充実、厳しい財政状況の改善など市の多くの課題に取り組んだことを強調。「いま市政は確実に動き始めている。その動きを止めないで」と訴えた。再選後の抱負として、市庁舎の建設や待機児童解消による「子育て環境日本一」を挙げた。

 出陣式には、日野市の大坪冬彦市長や調布市の長友貴樹市長ら近隣の首長、支援を受ける市議や連合東京の関係者らが駆けつけた。

<経歴>市長(元)保育園事務長・都議・市議▽独協大

<公約>複合施設としての新庁舎・新福祉会館の建設。子育ち環境(子育ち子育て・教育)日本一の小金井。高齢・障がい福祉の充実。行財政改革の推進

◆訴え続けるのが使命

立花孝志(たちばな・たかし)さん(52)N新

 立花さんは午前十一時すぎ、埼玉県上尾市のJR上尾駅近くでマイクを握り「NHKの集金の問題点をしっかり解決できない政治家に、小金井の未来は託せない」と訴えた。

 NHKの集金人が戸別訪問して受信料を徴収していることについて「脅迫ともいえる言葉を使って個人情報を奪い取っている」などと主張。「他の候補は『明るい安全な小金井にする』と言いながら、集金人の問題はなかったかのようにしている」と批判した。

 「NHKの問題は、国民の声を聞かない政治の問題」と強調。参院埼玉選挙区補選、各地の市長選への立候補を繰り返していることには「訴え続けるのが自分の使命。臆することなく戦う」と声を張り上げた。

<経歴>党首(元)参院議員・葛飾区議・船橋市議・NHK職員▽信太高

<公約>(1)NHKの集金人の戸別訪問で制服着用などを義務づける条例制定(2)NHKの受信料を支払っていない世帯に年5万円を支給

◆市議補選には4人が届け出

◇小金井市議補選 立候補者(被選挙数2−候補4) =届け出順

長谷川博道 72 共元

清水学   37 自新

水谷多加子 53 無新

上村喜代子 70 無新

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報