東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 12月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

力士ら餅つき「どっこいしょ」 池上本門寺 つきたて求め350人

餅をつく尾上部屋の坂林欣純さん(左)=大田区で

写真

 犯罪のない安全な街づくりを目指して活動を続けている大田区の池上自主防犯パトロール隊(PSI)主催の餅つき大会が八日、池上本門寺(池上一)で開かれた。毎年行われており、今年で十七回目。つきたてのお餅を求めて、三百五十人が列をつくった。

 大田区唯一の相撲部屋の尾上部屋の力士も参加し、三段目中尾亮太さん(24)と序二段の坂林欣純さん(20)が軽々ときねを振った。山口博池上署長をはじめ署員も加わった。

 池上太鼓の和太鼓演奏、池上児童館の子どもたちのダンスと歌などアトラクションが盛りだくさんで、大会は大盛況だった。松原忠義区長もあいさつした。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報