東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

障害者の自立巡る葛藤 ドキュメンタリー映画完成 渋谷で3月公開

鑑賞会で、製作の背景などを語る田中悠輝監督(右)とプロデューサーを務めた鎌仲ひとみさん=杉並区

写真

 障害者が自立して生活する様子を描くドキュメンタリー映画「インディペンデント リビング」が完成し、三月に都内で公開される。介助を受けつつ鉄板焼き店でお好み焼きを頬張り、たばこに火をつけてもらって至福の表情を見せる障害者や、自立を巡って葛藤する親子の姿を映し出す。これがデビュー作となる田中悠輝監督(29)=江戸川区=は「障害者が施設や親元を離れて暮らす選択肢を示したい」と話す。 (梅野光春)

 電動車いすで夜の大阪の繁華街を走る。地下鉄に乗る。家では介助を受けて食事を作り、入浴する。たばこをくわえ、ヘルパーに火をつけてもらい、「うまい。最高」と笑顔を浮かべる。一方、障害の影響で診察予定を忘れたわが子を見て、自立生活が成り立つのか、いら立ちを隠せない親−。

 田中監督は二〇一六年夏から昨年春まで、大阪府内三カ所の自立生活センターを足場に、映像を撮りためた。自宅で暮らせば、施設と違って二十四時間のケアを受けられず、体調の急変を見過ごすリスクもある。それでも自立生活を選び、へこたれない姿を九十八分の作品にまとめた。

頸髄損傷の男性が、ヘルパー(中)に、たばこの火をつけてもらう映画の一シーン(c)ぶんぶんフィルムズ

写真

 頸髄(けいずい)損傷で車いす生活を送りつつ、自立生活センターを運営する男性が「地域に出たら刺激だらけで自分で考えなあかん。これが自立生活の醍醐味(だいごみ)。この仕事をやるために、おれは頸髄損傷になったんやなって思えるようになった」と語るシーンが印象的だ。

 田中監督自身も、一六年春から江戸川区の自立生活センターでヘルパーとして働く。そこで開かれた映画鑑賞会で、映画製作・配給会社「ぶんぶんフィルムズ」(町田市)の鎌仲ひとみ代表に誘いを受け、撮影に踏み出した。

 一月十四日には作品を十二分に再構成したショートバージョンの鑑賞会が杉並区の地元有志の主催で開かれた。田中監督は鎌仲さんや撮影スタッフらと製作の背景を披露。「障害者は周囲に『あれもできない、これもできない』『生産性がない』と言われ続け、自分でもそう考えていることがある。今回の作品は『自分にできないことがあっても、悪くないじゃん』という考えをもつ人たちの物語」と解説した。

 作品のプロデューサーとして監督を支えた鎌仲さんは「笑って楽しめる映画になった。難しく考えずに見てもらいつつ『障害者の暮らしは大変だ』というイメージを覆したい」と話す。

 撮影の舞台となった大阪では一月十一日から公開された。東京では三月十四日からユーロスペース(渋谷区円山町一)で公開予定。前売り券は、ぶんぶんフィルムズのウェブサイト上のショップで購入できる。

登場人物の豊かな表情を前面に出したポスター

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報