東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

「帝釈天守れ」消防訓練 バケツリレーや放水

一日消防署長を務めた山谷さん=葛飾区で(金町消防署提供)

写真

 文化財防火デー(26日)を前に、金町消防署は24日、映画「男はつらいよ」の舞台、葛飾区の柴又帝釈天(柴又7)で消防演習を実施した。女優の山谷花純(やまやかすみ)さん(23)が一日署長となり、消防隊員、金町消防団、帝釈天の自衛消防隊、参道の商店街「神明会」や地元町会の人たちら約70人が参加、バケツリレーや放水訓練を行った。

 帝釈堂内で火災が発生したとの想定。火災を示す発煙筒の煙を合図に、寅さんの物まね芸人の野口寅次郎さん(69)や帝釈天の僧侶らが「火事だ!」と叫ぶと、地域住民ら約30人が参道から境内まで列を作ってバケツリレーをして、模擬出火場所に向かって水をかけた。近隣の幼稚園児たちも見守り、「頑張れ!」と声援。最後に、山谷さんの指揮の下、境内で一斉放水が行われた。

 山谷さんは、「息のあったバケツリレーや放水訓練を見て、『風景の国宝』ともいわれる柴又地域の安全、安心が、地域の方々一人一人の防火意識によって守られていることを実感した」と話していた。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報