東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

八王子市長選 石森さん3選 投票率31・46% 攻めのまちづくり奏功

開票作業をする職員ら=八王子市で

写真

 任期満了に伴う八王子市長選は26日投開票された。

 無所属現職の石森孝志さん(62)=自民、国民民主、公明推薦=が、無所属で弁護士の白神優理子さん(36)=共産推薦、無所属で元市議長の高木順一さん(65)、諸派でソフトウエア開発業の小柳次郎さん(54)の新人3人に勝利し、3選を決めた。投票率は31.46%(前回32.60%)、当日有権者数は46万6207人。

 八王子市長選では、石森さんが「攻めの施策でまちづくりを進めてきた」と二期八年の実績を強調。中心市街地でJR八王子駅のペデストリアンデッキの延伸、山間部では中核市の権限を生かした活性化策の推進など、地域の事情に合わせた政策を訴えて支持を呼びかけた。

 昨年にあった立川や青梅など近隣の市長選で、同じように自公の推薦を受けた現職が野党共闘型の候補と接戦になり、あきる野では新人に敗れたことから、陣営は組織の緩みを警戒。保守系市議らへの引き締めを強めた。

 白神さんは市長選初の女性候補。「市民による市民のための政治」を掲げ「若さ」と「女性」を前面に、石森さんとの違いを意識した選挙戦を展開した。

 出馬表明は今年に入ってからと出遅れたが、共産とともに立憲民主都連などの支援も取り付け、野党支持層を中心に浸透を図った。

 高木さんは一貫して中核市への移行を批判。「強いリーダーが必要」と主張し、国家戦略特区を活用した市政への転換を訴えた。

 小柳さんは若者の起業支援を打ち出し、ユーチューブを活用した独自の活動を進めた。 (布施谷航)

◆開票結果

当 40,500 石森孝志 無 現<3>

  28,000 白神優理子 無 新 

  12,000 高木順一 無 新 

  2,000 小柳次郎 諸 新 

  開票56%

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報