東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<隠れ家にしたいミュージアムカフェ> (1)東洋文庫ミュージアム(文京) オリエント・カフェ

東洋文庫ミュージアムに展示されている「モリソン書庫」=いずれも文京区で

写真

 東洋文庫ミュージアム(文京区)の「オリエント・カフェ」は、岩手県雫石町の小岩井農場産の牛肉や卵、乳製品など、こだわりの食材を使った料理が魅力だ。二〇一一年、ミュージアムの開館と同時にオープン。東洋文庫の創設者、三菱財閥三代目の岩崎久弥が農場主だった縁で、小岩井農場が運営している。

 一番人気のランチメニューは季節のお重「マリーアントワネット」(一日限定十食、二千円)。午前十一時半の開店と同時に売り切れる。中身が季節ごとに変わり、今冬は、小岩井農場産牛のローストビーフがメインだ。

 重箱は農場の樹齢百十年以上のスギを使い、岩手県産の漆を施した逸品。欧州の王家、ブルボン家の紋章があしらわれている。文庫所蔵の、マリー・アントワネットが生前に所有したとされる「イエズス会士書簡集」がモチーフだ。

 オムライスの「マルコポーロセット」(千七百二十円)もお昼の定番。歴史的人物を絡めたユニークなメニューについて、高須真理店長は「アカデミックな東洋文庫らしさを表現したかった」と話す。

 新宿区から来た七十代の女性はミュージアムのモリソン書庫を見て、その美しさに感銘を受けたといい「博物館の雰囲気の中で食事ができるのは、ひと味違う魅力ですね」と話していた。

 【メモ】JR山手線駒込駅から徒歩八分。

   ×   ×

 美術館や博物館に併設された「ミュージアムカフェ」が楽しい。芸術の余韻と美味の調和が心地よい、とっておきのカフェを紹介します。掲載は不定期。

<東洋文庫ミュージアム> 収蔵する希少本などの展示を通じて「東洋学」を普及するため、東洋文庫が開設した博物館。常設展示されるモリソン書庫は「日本で最も美しい本棚」として人気が高い。東洋文庫は、実業家の岩崎久弥が1924年に設立した研究図書館で、約100万冊を収蔵。

「オリエント・カフェ」の店内

写真

季節のお重「マリーアントワネット」。今冬は、小岩井農場の牛を使ったローストビーフがメイン

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報