東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<各市の予算案>あきる野市 台風19号 災害復旧費を計上

写真

 昨年十月の台風19号の被害を受け、災害復旧費として五億七百六十九万円を計上した。

 通行止めが続く市道や林道、浸水した小和田グラウンドの復旧工事を進める。秋川の溢水(いっすい)で床上浸水があった留原地区の対策には、災害復旧費とは別に二千五百三十万円を計上し排水ポンプを増設する。

 昨秋の市長選で初当選した村木英幸市長=写真=が公約した小中学校体育館の空調設置は、事業費二億二千九百万円を盛り込んで小学校十校、中学校六校で整備する。幼児教育・保育の無償化に伴う給食費補助には、三千四百九十三万円を計上した。第一子は月額千五百円、第二子以降は同四千五百円を補助する。

 村木市長が「事業費を縮減する」と見直しを進めるJR武蔵引田駅北口の土地区画整理事業費には、六億四千三百六十三万円を計上した。昨年十〜十二月に事業を中止し、未執行となった分と同額。二〇一九年度の予算を移し替えた形だ。

 事業を再開しており、二〇年度の事業費は補正予算で計上する方針。

 村木市長は「(専門家の委員による)検討会議の意見を踏まえて、削減を反映できると思っている」と話した。 (布施谷航)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報