東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

新型コロナに効く? 墨田・弘福寺 2体の石像「咳の爺婆尊」

風邪に効き目があるとされる「咳の爺婆尊」を参拝する人=墨田区で

写真

 受験シーズン真っただ中、墨田区の弘福寺(向島五)には、境内にある二体の石像「咳(せき)の爺婆尊(じじばばそん)」へ風邪除け祈願にくる参拝客が増えている。

 石像は、高さ約五十五センチの爺像と、約七十五センチの婆像がほこらの中に並んでいる。区によると、石像は江戸時代に風外(ふうがい)和尚が彫ったとされ、和尚の名にちなみ「風外は風の外。だから、風邪に効く」と古くから庶民の信仰を集めてきた。

 寺によると「昔から冬になると多くの人が参拝に訪れる。一月から二月ごろにかけて、風邪が流行する時期には、高齢者や入試を控えた受験生などが手を合わせる姿が見られる」という。

 約四十人を案内する向島ツアーの下見で七日に訪れたツアーガイドの遠藤信夫さん(79)=静岡県富士市=は「新型コロナウイルスに感染するとせきが出る。コロナウイルス除けのスポットとしても人気になるのでは」と話していた。

 寺では、せきによく効くという「せき止飴(どめあめ)」、「風邪除けのお守り」が、それぞれ三百円で販売されている。 (井上幸一)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報