東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<各市の予算案>狛江市 台風19号浸水被害 対応事業費を計上

写真

 多摩川からの逆流などにより、市内で浸水被害が出た昨年十月の台風19号対応事業費として六千九百五万円を計上した。浸水被害の原因究明の委託費のほか、排水路水門の遠隔操作設備設計費、アクセス集中でつながりにくかった市のホームページ改善費、避難所の運営関係者への長靴などの配備、下水道があふれて浸水した場合の想定区域図作成−などに充てる。

 台風19号の関連では、既に一九年度補正予算で復旧費などに二億二千七百万円を充てている。松原俊雄市長=写真=は、市独自の防災計画づくりや都、国と連携した安心安全なまちづくりに取り組む考えを示した。

 子育て、教育、文化分野では、四月下旬にオープンする子育て・教育支援複合施設「ひだまりセンター」の開設費に、三億四千五百万円を計上した。全ての中学校でインターネット回線を使ったオンライン英会話を実施するためなどに千八百四万円、発掘調査で横穴式石室が見つかった猪方小川塚古墳公園などの整備費一億一千七百万円をそれぞれ盛り込んだ。 (花井勝規)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報