東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<東京人>惚れた絵本 ナビ派が描く「こども」

いずれも、モーリス・ドニ「最初の風景」((C)SabrinaetGillesGenty)

写真

 今年、開館十周年を迎える三菱一号館美術館で、「画家が見たこども展 ゴッホ、ボナール、ヴュイヤール、ドニ、ヴァロットン」が開催されています。十九世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」が描いた作品の中から、「こども」をテーマとする絵画・版画・素描・挿絵本・写真など約百点が展示されます。

 ポスターなどのキービジュアルにも使用されている、モーリス・ドニの『赤いエプロンドレスを着た子ども』(一八九七年)は、そのまま絵本の一ページになりそうな可愛らしさ。どこか日本の童画のようにも見えるのは、ジャポニスムの影響を受けたドニの作品だからでしょうか。

 今でこそ、「こども」を主題とする作品は珍しくありませんが、西洋絵画史において、「こども」が積極的に描かれるようになったのは、近代以降のこと。それ以前は、宗教画など一部を除くと、中心的なテーマとはなりませんでした。

 十九世紀末になると、ゴッホやゴーガンが、文明に汚されていない特別な存在の象徴として「こども」を描きました。神話や宗教など、それまでの美術の伝統に基づく仰々しいテーマを離れ、街路や公園などの画題を好んだナビ派もまた、そうした潮流の中で、「こども」を積極的に描いたのです。

 こどもたちのさまざまな表情に驚かされる本展。鑑賞後は、丸の内ストリートギャラリーで彫刻を楽しみながら、有楽町駅か東京駅まで歩くのがおすすめです。

(「東京人」編集部・山上さくら)

    ◇

 「都市を味わい、都市を批評し、都市を創る」をキャッチコピーに掲げる月刊誌「東京人」の編集部が、3月号の記事をもとに都内各地の情報をお届けします。問い合わせは、「東京人」編集部=電03(3237)1790(平日)=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報