東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<各市の予算案>武蔵村山市 多摩都市モノレールの延伸基金積み立て

写真

 多摩都市モノレールの上北台(東大和市)−箱根ケ崎(瑞穂町)間の延伸が決まり、都内の市で唯一、駅がない武蔵村山に鉄道が通ることになった。モノレール延伸基金に二億百二十三万円を積み立てる。これで十年間で総額十億円の目標を達成する。開業時の負担金などに充てる。

 村山町から市になって五十年になるのに合わせ、十一月に市制施行五十周年記念式典を市民会館で開く。事業費は五百六十四万円。記念事業の一つとして、東京五輪・パラリンピックのホストタウンを務めるモンゴルのウランバートル市ハンオール区と姉妹都市の提携をする。関連費用百三十三万円を盛った。

 小中学校三校の水泳の授業を、市内の幼稚園や大学の屋内プールで実施する。猛暑による熱中症から児童・生徒を守る試みで、スイミングインストラクターが指導にあたる。事業費は五百十七万円。効果を見ながら実施校を増やす方針だ。

 小中学校の体育館と特別教室にエアコンを設置する費用には、総額六億七千五百万円を計上した。藤野勝市長=写真=は「人と人との絆を大切にする市政を着実に推進する予算を編成した」と述べた。 (服部展和)

写真
 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報