東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 2月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<傍聴記>最初の質問者

 「知事がきちんと答えてください!」。代表質問で、再質問した共産の和泉尚美さんが小池知事に迫った。共産が知事と対峙(たいじ)する場面は珍しくないが、この日はヤジも含めて、いつもより勢いがあるような…。

 実はこれまでと違う事情が一つあった。午後一時の開会直後。共産がこの日の最初の質問者だった点だ。

 通常、代表質問は最大会派から順に、午後十時以降までかけて一日で終える。第四会派の共産は遅い時間帯の終盤。ところが今回は新型コロナウイルス対策で、議事が夜遅くにずれ込まないよう代表質問を二日に分けたため、二日目のトップバッターが回ってきた。

 羽田空港新ルートの危険性についての再質問は「先ほど(担当幹部が)答えたとおり」とかわされたが、質疑の先陣を切る気合を感じさせる質問ぶりだった。

 代表質問が二日に分かれたことで日程に余裕が生まれ、傍聴者の負担も減ったはずだ。質問順で有利不利が生まれやすいと慎重な意見もあったというが、新型コロナ終息後も継続を検討してみてはどうだろう。(岡本太記者)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報