東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<新型コロナ>学校再開、対応に苦慮 感染防止策に各区教委懸命

写真

 新型コロナウイルスの感染を防ぐため休校中の学校をいつ再開するか、都内各区の教育委員会は協議するなど対応に追われている。予定通り入学式や始業式を行っても、当面は児童生徒を分散登校させるなど、各区とも感染防止に懸命だ。

 中央区は予定通り今月六日に小中学校の始業式と小学校の入学式、七日に中学校の入学式を行い、小中学校とも五月六日まで休校する。

 休校期間中は、三日に一日のペースで登校日を設ける。学校の判断で、学年ごと、あるいはクラスごとに分散登校し、児童生徒の集中を緩和する。授業時間を確保するため、夏休みの短縮も検討している。

 世田谷区は、小中学校の始業式と小学校の入学式を四月六日に実施。しかし、通常の時間割による授業は五月七日から。四月七日(中学校は七日が入学式のため八日)から五月一日までは分散登校にする。

 目黒区教育委員会は、五月六日まで臨時休校すると決めた。港区も、小中学校などの休校を来月六日まで延長する。

 葛飾区教委は二日、休校を五月六日まで延長すると発表した。入学式は歌の斉唱を取りやめ、出席者を制限して実施する。

 墨田区と北区の教委も五月六日までの延長を発表。足立区教委は五月十日まで延長し、同十一日から再開する。同七、八日は慣らしのための自由登校期間にするという。

 台東区教委は、休校を四月十九日まで延長すると決め、一日に区のホームページで発表した。小学校の入学式、始業式、中学校の始業式は二十日、中学校の入学式は二十一日を予定。

 指導課は「保護者から問い合わせもあるが、決めた日程に向けて準備を進めていると答えている。都から通知が来たら、その内容、区内の感染状況などを考慮して検討していく」とし、日程変更もありうるとの見方を示した。

 新宿区教委は「三日中に方針を決める。ホームページや各学校を通じて保護者らに通知する」と話した。中野区教委も三日に方針を決定するとしている。

 大田区も、小中学校の休校中のICT活用による学習支援や給食提供などを調整しており、三日に方針を公表する予定。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報