東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【東京】

<新型コロナ>中野、練馬、千代田、板橋、豊島 区立小中 来月6日まで休校

 中野区教育委員会は三日、区立の小中学校を五月六日まで臨時休校にすると発表した。始業式や入学式は規模を縮小して開く。四月八日以降に、希望者に学年別の補習教室をする。

 練馬区教委も、区立の小中学校を五月六日まで休校にする。学年やクラスごとに日時をずらして、週に一回は登校する。修学旅行や移動教室は可能な限り延期する。

 千代田区は三日、新型コロナウイルス感染防止のため、区立小中学校と中等教育学校を五月六日まで臨時休校にすると発表した。

 四月十二日までは、入学式、始業式以外の登校日は設けない。十三日以降は、健康状態などをチェックするため週に一、二度、短時間の登校を分散して行う。

 新型コロナウイルス感染防止のため、板橋区は三日、区立小中学校を六日から五月六日まで臨時休校にすると発表した。入学・始業式は規模を縮小して行う。

◆池袋の「イケバス」 きょうから運休

 新型コロナウイルスの感染防止のため、豊島区は三日、区立の小学校は七日から、中学校は八日から、いずれも五月六日まで臨時休校にすると発表した。始業・入学式は規模を縮小して行う。四月九日から、おおむね三日に一日ずつ登校日を設け、給食も提供する。学年ごとに登校日を変えるなど、子どもたちが密集しない工夫もする。子どもの居場所を確保するため、学童クラブは実施し、区立幼稚園は八日から開園する。

 このほか、池袋駅周辺を巡回する電気自動車バス「イケバス」を四日から三十日まで全便運休する。 (中村真暁)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報