東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 探鳥 > 記事

ここから本文

【探鳥】

カモメ(鴎) 春近し お濠で

カモメ(鴎) 春近し お濠で

写真

 皇居外苑の日比谷濠(ぼり)で1月中旬、しぶきを上げて飛び立つカモメ。早春を感じさせる穏やかな光が印象的だ。水浴びするセグロカモメの群れに1羽。冬は同濠に大型カモメが群れで水浴びに飛来。ピークは2月下旬から3月上旬。

 冬鳥で海岸や港などに渡来するカモメ科。ウミネコやユリカモメなどのカモメ類は、総称して「カモメ」と呼ばれるが、種名のカモメもいるので少し戸惑う。くちばしと脚が黄色いのが特徴だ。全長45センチ。 (写真と文・堀内洋助)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報