東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 探鳥 > 記事

ここから本文

【探鳥】

ムクドリ(椋鳥) クワの実を採餌

ムクドリ(椋鳥) クワの実を採餌

写真

 栃木県栃木市の渡良瀬遊水地のヨシ原で6月中旬、クワの実を採餌(さいじ)するムクドリ。小雨の中、十数羽の群れが飛来して盛んに食べていた。初夏から冬の遊水地では、数千から数万羽の大群のねぐらがつくられる。夕方、ねぐら入り前に群れ飛ぶ光景は壮観だ。

 留鳥または漂鳥として農耕地や市街地などに生息するムクドリ科。ムクノキの実を好むことから名前が付いたという。「リャーリャー」「キュルキュル」と鳴く。全長24センチ。 (写真と文・堀内洋助)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報