東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 探鳥 > 記事

ここから本文

【探鳥】

クロツグミ(黒鶫) 夏の森で暮らす

クロツグミ(黒鶫) 夏の森で暮らす

写真

 山梨県山中湖村の森で8月上旬、枝に止まるクロツグミの雌。キビタキを撮っていたとき、目の前に現れた。警戒心が強く、すぐに移動して森に消えた。雄の体上面は黒いが、雌はオリーブ褐色。くちばしと脚の黄色が鮮やかだ。

 夏鳥として森林などに渡来するヒタキ科ツグミ属。雄は「キョローン、キョコキョコ」など美しい声でさえずる。中国南部などの越冬地へ渡る途中の9月、市街地の公園などにも立ち寄る。全長22センチほど。(写真と文・堀内洋助)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報