東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > オススメ最前線

ここから本文

【オススメ最前線】

写真

<花前線>ユリ 眼下に広がる400万輪

 ★ハンターマウンテンゆりパーク(栃木) 7月13日〜8月25日に開園、「ゆり博2019」を開催する。緩やかな斜面で、約50種400万輪が咲き競う=提供写真、昨年の様子。7月下旬〜8月中旬に見頃。リフト(片道700円)からは眼下に広がる花も楽しめそう。入園料1000円。那須塩原市湯本塩原前黒、東北自動車道西那須野塩原ICから約45分。(電)0287・32・4580同園

▼茨城

★県フラワーパーク(石岡市下青柳、JR常磐線石岡駅バス約30分)約1万本が、ふれあいの森で7月中旬に見頃を迎えそう。7月6〜21日は「やまゆりまつり」。6〜15日は展示会がある。入園料740円。(電)0299・42・4111同園

▼栃木

★日光だいや川公園(日光市瀬川、東武日光線上今市駅徒歩約25分)約5000株のヤマユリとうすい緑色の花が咲くウバユリが自生する。見頃は7月中旬〜下旬。7月12〜14日は「ヤマユリまつり」。ヤマユリマップの配布や植物の即売会などを行う。(電)0288・23・0111同園管理事務所

 ★那須野が原公園(那須塩原市千本松、東北自動車道西那須野塩原ICから約5分)園内各所で、5000株以上のヤマユリが群生する。7月中旬に見頃を迎えそう。(電)0287・36・1220同園

▼埼玉

★ところざわのゆり園(所沢市上山口、西武鉄道西武球場前駅徒歩約3分)7月7日まで開園。自然林の中で、50種約45万株を植栽。色鮮やかなスカシユリ種や豊かな香りのハイブリッド種が7月上旬まで楽しめそう。入園料1100円。(電)04・2922・1370同園

 ★深谷グリーンパーク パティオ(深谷市樫合、関越自動車道花園ICから約15分)園内花壇で、約2万1000球のLAユリが赤や白、黄色など5色に咲きそろう。見頃は7月中旬〜下旬。8月24日8時から球根掘りを行う。(電)048・574・5000同園

▼千葉

★東京ドイツ村(袖ケ浦市永吉、館山自動車道姉崎袖ケ浦ICから約5分)四季の丘で約20種15万株が咲き誇る。7月上旬〜下旬に楽しめそう。入園料800円。(電)0438・60・5511同園

▼神奈川

★県立恩賜箱根公園(箱根町元箱根、箱根登山鉄道箱根湯本駅バス約40分)約300株のヤマユリが自生する。7月中旬〜8月上旬に見頃を迎えそう。(電)0460・83・7484同園

▼静岡

★可睡ゆりの園(その)(袋井市久能、JR東海道線袋井駅バス約20分「可睡斎入口」下車徒歩約5分)7月7日まで開園。約9ヘクタールの敷地で約150種が咲き誇る。大輪で香りのよいハイブリッドオリエンタル種が見頃で7月上旬まで楽しめそう。入園料1000円。(電)0538・43・4736同園

▼長野

★タングラム斑尾(まだらお) ゆり園&ラベンダー園(信濃町古海、しなの鉄道黒姫駅バス約20分)7月13日〜8月18日に開園。オリエンタル種など約100万輪が斜面を彩る。7月中旬〜8月上旬に楽しめそう。リフトからは咲きそろう花が一望できる。入園料+リフト(往復)1200円。(電)026・258・3691同園

 <係から>今後の天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報