東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > オススメ最前線

ここから本文

【オススメ最前線】

写真

<花前線>ツバキ 多彩な色合い250種

 ★神代植物公園(東京) つばき・さざんか園で約250種620本が楽しめそう=提供写真、昨年の様子。3月上旬〜下旬に見頃。3月10日〜4月12日は「椿(つばき)・さくらまつり」を開催。3月20〜22日は鉢花や切り花を展示する。3月27、28日はガイドツアーも行う。入園料500円。調布市深大寺元町、京王線調布駅・つつじケ丘駅バス約15分。(電)042・483・2300同園

▼茨城

★自然動物公園 東筑波ユートピア(石岡市吉生、常磐自動車道土浦北ICから約20分)園内の歩道沿いで約700本のワビスケなどが見頃。3月下旬まで楽しめそう。入園料1200円。(電)0299・43・6656同園

▼栃木

★栃木植物園 大柿花山(栃木市都賀町大柿、東北自動車道栃木ICから約10分)園内に400種以上が点在。早咲き種から順に咲き5月上旬まで楽しめそう。入園料300円(3月20日〜500円)。(電)090・5513・5813大出さん

▼群馬

★雷電神社(板倉町板倉、東北自動車道館林ICから約20分)境内で約100種を植栽。色鮮やかな花が咲き始め、3月下旬まで楽しめそう。(電)0276・82・0007同神社

▼埼玉

★花と緑の振興センター(川口市安行、埼玉高速鉄道戸塚安行駅徒歩約15分)ツバキとサザンカ合わせて515種1126本が楽しめそう。一重咲きのボクハンなどが咲き始め、次々に花をつけ、3月上旬〜4月上旬に見頃を迎えそう。3月20日はツバキのガイドツアーを行う。(電)048・295・1806同センター

▼千葉

★椿公園(いすみ市深堀、JR外房線大原駅徒歩約10分)約2.75ヘクタールの園内で、約1000種が順次花開き、下旬〜3月下旬に楽しめそう。3月15日は「椿まつり」。地元の踊りや物産品の販売などを行う。(電)0470・62・1243市オリンピック・観光課

▼東京

★町田薬師池公園四季彩の杜(もり) 薬師池(町田市野津田町、小田急線町田駅バス約30分)椿園で約410種1100本が順に咲く。見頃は3月上旬〜5月上旬と長く楽しめそう。(電)042・724・4399市公園緑地課

 ★伊豆大島椿まつり(大島町泉津福重ほか各所、大島元町港バス約35分・岡田港バス約20分)3月22日まで開催。自生するヤブツバキが、島全体で、約1450種300万本。3月中旬まで楽しめそう。大島公園では温室を公開。花が黄色の金花茶などを展示。大島高校椿園の一般公開(20〜25日を除く)も。(電)04992・2・2177大島観光協会

▼神奈川

★日比谷花壇大船フラワーセンター(鎌倉市岡本、JR大船駅徒歩約16分)つばき園で、西洋ツバキや肥後ツバキなど約160種が楽しめそう。3月上旬〜4月上旬に見頃。入園料400円。(電)0467・46・2188同園

▼静岡

★湯河原椿寺(熱海市泉、JR東海道線湯河原駅タクシー約10分)境内から山の斜面にかけて、200種以上約900本が3月下旬〜4月上旬に見頃を迎えそう。ヤブツバキや大輪の花が咲く明石潟(あかしがた)、抜筆(ぬきふで)なども見応えが。(電)0465・62・3894同寺

 <係から>天候によって花の見頃が変わることがあります。お出かけ前に現地に開花状況をご確認ください。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報