東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 祭り

ここから本文

【祭り】

蟇目の舞神事(東京)

写真

 ★八王子いちょう祭り(東京) 16、17日。約4キロのいちょう並木沿いで武者行列やよさこいパレードなどを行う。八王子市の甲州街道追分町交差点〜小仏関跡。JR中央線西八王子駅北口徒歩すぐ。(電)042・668・8383祭典委員会

 ★佐倉“江戸”時代まつり(千葉) 17日、10時から。江戸時代の風情が残る佐倉新町通りなどで、江戸のまちの様子を再現する。県指定無形文化財「立身(たつみ)流」の演武や捕物寸劇などを行う。京成線京成佐倉駅徒歩約15分。(電)043・486・6000佐倉市観光協会

 ★逗子海岸流鏑馬(やぶさめ)・子ども武者行列(神奈川) 17日。逗子市逗子の亀岡八幡宮を子ども武者行列が出発し、逗子海岸へ向かう。13時から海岸で流鏑馬を行う。JR横須賀線逗子駅・京急線新逗子駅から海岸までは徒歩約10分。(電)046・873・2774市商工会

 ★有氏神社盤台祭り<裸祭り>(埼玉) 19日。県指定無形民俗文化財。白ふんどし姿の男性たちが赤飯の入った盤台を持ち上げ、神輿(みこし)のようにもみ上げながら、それを四方にまく。これを食べると厄払いができるとも、お産が軽くすむともいわれている。神川町下阿久原秩父瀬の同神社。関越自動車道本庄児玉ICから約30分。(電)0274・52・2586町生涯学習課文化財担当

 ★西宮神社の恵比寿講(えびすこう)(栃木) 19、20日。開運や商売繁盛を願う。参道の両側には熊手などの縁起物を商う店が軒をつらねる。境内では、釣りざおの先に福餅をつけて、えびすやひょっとこが神楽を舞う。足利市西宮町の同神社。東武伊勢崎線足利市駅タクシー約5分。(電)0284・21・6790同神社社務所

 ★蟇目(ひきめ)の舞神事(東京) 20日、19時・19時30分・20時。酉(とり)の日の末日に行う1年締めくくりの神事。家内安全や商売繁盛を祈願する。ガマガエルを悪霊に見立て、矢を射る様子を舞で表現。境内では福鈴の授与を行う。江戸川区中央(4の5の23)の新小岩厄除(やくよけ)香取神社。JR総武線新小岩駅バス約5分。(電)03・3655・8980同神社

 ★上戸の獅子舞(茨城) 23日。県指定無形民俗文化財。五穀豊穣(ほうじょう)を祈願する。潮来市の国神神社の例祭で、11時からは巫女(みこ)舞を、14時からは獅子舞を奉納する。同市上戸の同神社。JR鹿島線潮来駅タクシー約10分。(電)0299・63・1111市産業観光課

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報