東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 遊ぶ > 祭り

ここから本文

【祭り】

時庭の神楽(栃木)

写真

 ★瀬戸屋敷ひなまつり(神奈川) 3月3日まで。町指定重要文化財の古民家で行う。300年以上前から伝わる「享保雛(きょうほびな)」などのひな人形や大つるし雛、7000個以上のつるし雛を展示する。入園料400円。開成町金井島のあしがり郷瀬戸屋敷。小田急線開成駅有料シャトルバス約10分。(電)0465・84・0050同屋敷

 ★千束(せんぞく)稲荷神社初午(はつうま)祭(東京) 21〜24日。五穀豊穣(ほうじょう)や家内安全などを祈願。境内に約80個の地口行燈(あんどん)とのぼり旗を飾る。夕方にはその行燈に火が灯(とも)る。台東区竜泉の同神社。地下鉄三ノ輪駅徒歩約10分。(電)03・3872・5966同神社

 ★高鳥天満宮例大祭(群馬) 23日。神楽殿で町指定重要無形民俗文化財の太々神楽を奉納。子どもの健やかな成長を願い額に朱印を押す「お弟子ぺったん」もある。13時30分からは神職らが境内を練り歩く。板倉町大高嶋の同天満宮。東北自動車道館林ICから約15分。(電)0276・82・0122同天満宮

 ★坂戸の大宮住吉神楽(埼玉) 23日。国選択・県指定無形民俗文化財。大宮住吉神社の祈年祭で、舞を奉納する。江戸里神楽の伝統を伝えるものといわれていて、神話が題材の神楽。坂戸市塚越の同神社。東武東上線若葉駅バス約10分「住吉神社前」下車徒歩約10分。(電)049・283・1331市社会教育課

 ★雷(いかづち)の大般若(東京) 23日。区指定無形民俗文化財。無病息災を願い、女装した男衆が町内を駆け巡る。大般若経600巻を担ぎ、約10キロの町会内、約500軒の家々を回る。江戸川区東葛西4丁目周辺。地下鉄葛西駅バス約5分。(電)080・5514・8794雷友会彦田さん

 ★時庭の神楽(栃木) 24日、13時から。町指定無形民俗文化財。火伏せや五穀豊穣を祈願する。獅子たちが神楽を舞い、集落の各戸を回る。那須町時庭地区公民館周辺。東北自動車道那須ICから約15分。(電)0287・74・7007那須歴史探訪館

 ★菜種御供(ごく)(東京) 25日。菅原道真公のご命日に御霊を慰める。本殿で「献花式」を行う。菜の花に紅白梅を添えた生花を神前に供える。江東区亀戸の亀戸天神社。JR総武線亀戸駅・錦糸町駅徒歩約15分。(電)03・3681・0010同神社

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報