東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 富士川食堂(盛合わせ天ぷら定食)

写真

◆「子役」もうまさに貢献

 すでに多くのメディアに登場していて有名だから、いまさらの感じもあるが、やはり高円寺駅周辺の食堂というと、ここははずせない。

 わずか13席のカウンターだけの店だけど、魚、肉、野菜の大衆食堂の定番といえそうなメニューが一通り揃(そろ)っている。力がつくようなものを食べたくなる暑い日だったし、これまで何度か入っても食べたことがなかった盛合わせ天ぷら定食520円にした。えび、いか、きす、なす、ピーマン、そしてよくこれだけ薄く切れたなあと思ったさつまいもの存在が、盛り合わせのうれしさになるのだから、面白い。二切れのきゅうりの糠漬(ぬかづ)けもうまく、食事のうまさにはけっこう薄い小さい「子役」も力を発揮するものだと、あらためて感じ入った。

 高いビルが圧倒する均一的な風景とは異なる高円寺は、小さな店が連なり物価が安いし若い人が多いといわれる。通りの商店でもこの食堂でも、そのことを実感する。競争も厳しいだろうが、自由な雰囲気と活気ある街の胃袋を支え、この食堂の日々があるに違いない。

 (大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

 ◇東京都杉並区高円寺南3の46の2。営業時間 11時30分〜23時。水曜休。コロッケ定食400円、あじフライ定食440円、さば味噌煮定食500円、ロース生姜焼定食550円などのほかサービス定食もありメニュー豊富。生玉子50円、納豆70円からおかず各種 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報