東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

世界の国 テーマに総菜組み合わせ TCM学生と街のレストラン(デリプレート)

写真

 真新しい校舎は陽光に包まれ、植栽の緑もよく映える。昨年創立百十一周年を迎えた東京音楽大学は、記念事業としてこの4月に「中目黒・代官山キャンパス」を開校。地域との共存共栄をコンセプトに学食を一般開放している。「TCM学生と街のレストラン」(TCMは同大学の英文略称)と名付け、世界の食を集めた“食のセレクトショップ”「DEAN&DELUCA」がプロデュース。同社が学食を手掛けるのは初の試みだ。

 看板メニューは「DEAN&DELUCA」らしさが魅力の「デリプレート」。総菜3〜4種とサラダがワンプレートで味わえる。それも世界の国やエリアをテーマにした組み合わせ。写真(左)は取材日のもの。地中海を旅するイメージで「鯖(さば)グリル」「ジェノベーゼポテト」「茄子(なす)のトマトマリネ」など周辺国の料理を盛り合わせた。夏メニューにはタイやベトナムなど東南アジアのスパイシーな料理やハワイ料理も登場予定。

 メニューはほかに「オーバーライス(丼)」「TCMカレー」、国内のご当地麺やパスタがあるほか、和定食も加わる。学生と街、そしてスタイリッシュな内装と窓外の緑も融合。今後も変化しそうで楽しみな学食だ。 (さりあ)

◇目黒区上目黒1の9。11〜15時。土日祝休(学校に準ずる)。(電)03・6455・2700東京音楽大学 中目黒・代官山キャンパス

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報