東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

エンテツさんの大衆食堂ランチ 味安(とり唐揚定食)

写真

◆周囲の食欲に押されて

 綾瀬駅から10分少々歩く。着飾らない正面からはわからないが、入って、こんなところに、こんな大きな食堂があるのかと思った。70席ほどの店内は、奥に向かって10席ほどの長いカウンター以外は、入れ込みの座敷なのだ。この規模のこのスタイルは、いまでは珍しい。雑多な人たちが腰を下ろし、ワッシワッシとめし食う大衆的光景は、見ているだけで力がわく。

 とり唐揚が人気なのだが、以前食べたとき一個が大きかったから、定食にすると完食には苦しい思いをするかもしれない不安があった。しかし周囲のたくましい食欲に押されるように、とり唐揚定食780円を頼んだ。大口を開けなくてはかぶりつけない、通常の倍近くはありそうな唐揚が4個だ。それに小鉢が2つ、具がたっぷりの味噌(みそ)汁。添え物のキャベツとタマネギにドレッシングがかかったサラダに助けられながら、なにより唐揚がうまい、平らげた。その達成感と充実感に肉体が満たされた。定食もおかずも種類豊富だし、店内は満席状態だった。

(大衆食堂の詩人 遠藤哲夫)

 ◇東京都足立区東綾瀬2の4の2 営業時間 9時〜14時半、16〜24時(LO 23時半)年末年始とお盆以外は無休。もつ煮込定食660円、さば焼定食750円、本まぐろ刺身定食980円など定食メニュー豊富。とり唐揚(2個)310円、なす味噌炒め500円ほかおかずも豊富

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報