東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京情報 > 食べる > 週替わりランチ > 記事

ここから本文

【週替わりランチ】

キッチンカー 屋台のランチ サウザンドカリー39号(イタリアンチキンカレー)

写真

◆「オリジナル」にファン

 「ココナッツカレー」の中に、ゴロンと存在感のあるホールトマト。鶏モモ肉、チーズ、バジルソースも入ったその名も「イタリアンチキンカレー」(700円)が人気。「サウザンドカリー39号」はオリジナルのエスニックカレーでファンを増やしている。

 店主の千島司さん(34)はかつて食品卸会社に勤めていた際、納品先の会社が手掛けていたことからキッチンカーを知り、「やりたい、と言い続けたら縁があって」車を入手。昨年開業した。もともと夢はカレー店を開くこと。好きなエスニックカレー店で働きながら作り方を覚え、夜はDJも兼業しつつ、クラブでカレーをふるまっていた。いずれは出身地の青森市で開店しようと、キッチンカーで経験を積む日々だ。

 メニューは「イタリアンチキンカレー」のほか、4種のキノコと合いびき肉が入った「ココナッツカレー」が定番。日替わりで「ゴーヤチャンプルーカレー」など「食べたこと無いカレー」をテーマに腕をふるう。ベースのカレーと具材は分けておき、注文が入ってから合わせる。「その方がおいしい。手間を掛けてもおいしく食べてもらいたいんです」 (さりあ)

 出没先は 市ケ谷駅や品川駅近辺、渋谷川遊歩道など。「Artisan Farmers Market Kawaguchi」に毎月出店中。(電)090・7837・3218

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報